公園情報

公園の歴史(沿革)

1986年
(昭和61年)
4月
高尾山自然公園開設
1989年
(平成1年)
7月
高尾山自然公園が日本の都市公園100選に選定される
1990年
(平成2年)
6月
「21大分県長期総合計画」の中で総合スポーツプラザ構想が策定され、国体や国際級スポーツ施設の整備の必要性がうたわれる
1992年
(平成4年)
7月
大分県がワールドカップサッカー国内開催候補地に立候補
1993年
(平成5年)
3月
スポーツ公園基本構想策定
12月
スポーツ公園建設地の決定
1995年
(平成7年)
7月
2巡目国体開催の内々定
1996年
(平成8年)
6月
2002年W杯日韓共催決定
12月
2002年W杯開催地の1つに大分が選定される
2001年
(平成13年)
3月15日
総合競技場完成(ビッグアイ)(建設費251億円)
5月1日
サッカー・ラグビー場(AコートBコート)、展望台供用開始
5月24日
総合競技場供用開始
5月26日
総合競技場オープニングゲームJ2『大分トリニータVS京都パープルサンガ』開催(29、226人)
7月4日
総合競技場にてキリンカップサッカー2001 『日本代表VSユーゴスラビア代表』開催(38、147人)
2002年
(平成14年)
4月1日
大芝生広場供用開始
6月10日
総合競技場にて2002 FIFAワールドカップ 予選H組 チュニジア代表VSベルギー代表開催(39、700人)
6月13日
総合競技場にて2002 FIFAワールドカップ 予選G組 メキシコ代表VSイタリア代表開催(39、291人)
6月16日
総合競技場にて2002 FIFAワールドカップ ラウンド16 スウェーデン代表VSセネガル代表開催(39、747人)
8月10日
総合競技場にてB'z LIVE GYM 2002 "GREEN" 開催(42、000人)
2003年
(平成15年)
4月28日
第20回全国都市緑化おおいたフェア おおいた 緑・香り・夢フェスタ '03 6月29日まで開催(489、534人)
11月19日
総合競技場にてキリンチャレンジカップ2003 『日本代表VSカメルーン代表』開催(38、627人)
2004年
(平成16年)
4月1日
野球場、多目的広場供用開始
2005年
(平成17年)
4月1日
投擲場供用開始
7月30日
総合競技場にてa-nation'05開催(34、683人)
10月9日
総合競技場にて2005 JOMOオールスターサッカー『J-WEST VS J-EAST』開催(33、549人)
2006年
(平成18年)
2月1日
総合競技場第1種競技場、サブ競技場第3種競技場公認
3月1日
ネーミングライツにより
総合競技場(ビッグアイ)の名称が九州石油ドーム
野球場の名称がストーク球場
サブ競技場の名称がストークグラウンド
投擲場の名称がストークフィールドとなる
3月30日
総合競技場九州石油ドームにてキリンチャレンジカップ2006 『日本代表VSエクアドル代表』開催(36、507人)
4月1日
(株)大宣が大分県指定管理者として大分スポーツ公園及び高尾山自然公園を管理開始
ストークグラウンド供用開始
9月30日
総合競技場九州石油ドームにて第54回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会 10月1日まで開催(15、000人)
2007年
(平成19年)
4月1日
テニスコート、多目的運動広場AB供用開始
4月27日
大分スポーツ公園宿泊研修センター『希感舎(きかんしゃ)』OPEN
8月4日
総合競技場九州石油ドームにて Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-開催(38、600人)
8月22日
総合競技場九州石油ドームにてキリンチャレンジカップ2007 『日本代表VSカメルーン代表』開催(37、240人)
10月19日
総合競技場九州石油ドームにて日本ジュニア・ユース陸上選手権大会 10月21日まで開催(10、000人)
2008年
(平成20年)
9月27日
総合競技場九州石油ドームにて第63回国民体育大会チャレンジ!おおいた国体開会式を開催(40、000人)
9月28日
テニスコートにておおいた国体ソフトテニス競技開催(9月28日〜10月1日)
サッカー・ラグビー場にておおいた国体サッカー競技開催(9月28日〜10月2日)
(※総合競技場九州石油ドームにて10月2日にサッカー少年男子の決勝を開催)
10月3日
総合競技場九州石油ドームにておおいた国体陸上競技開催(10月3日〜10月7日)
テニスコートにておおいた国体テニス競技開催(10月3日〜10月6日)
10月11日
総合競技場九州石油ドームにて第8回全国障害者スポーツ大会チャレンジ!おおいた大会開会式を開催(27、000人)
総合競技場九州石油ドームにておおいた大会陸上競技開催(10月11日〜10月13日)
サッカー・ラグビー場にておおいた大会サッカー競技開催(10月11日〜10月12日)
2009年
(平成21年)
3月
総合競技場 九州石油ドーム 芝生全面張替
8月22日
総合競技場九州石油ドームにて、第36回全日本中学校陸上選手権大会開催(8月22日〜24日)(20、000人)
2010年
(平成22年)
2月2日
総合競技場九州石油ドームにてキリンチャレンジカップ2010『日本代表VSベネズエラ代表』開催(27、009人)
3月1日
ネーミングライツにより
総合競技場の名称が大分銀行ドーム
サブ競技場の名称がだいぎんグラウンド
投てき場の名称がだいぎんフィールド
サッカー・ラグビー場の名称がだいぎんサッカー・ラグビー場
野球場の名称がだいぎんスタジアム
テニスコートの名称がだいぎんテニスコートとなる
8月1日
総合競技場大分銀行ドームにて第49回1000万人ラジオ体操・みんなの体操祭開催(11、000人)
8月28日
総合競技場大分銀行ドームにてEXILE LIVE TOUR 2010 FANTASY 開催(8月28日〜29日)(80、000人)
2011年
(平成23年)
12月29日
総合競技場 大分銀行ドームにて高円宮杯第23回全国ユース(U-15)サッカー選手権大会 決勝が行われる。
2013年
(平成25年)
2月
総合競技場 大分銀行ドーム 大型映像装置LED式デジタルHD化
2月8日
だいぎんサッカーラグビー場にて、『サッカー日本女子代表候補合同合宿(なでしこジャパン、なでしこチャレンジ、U-19、U-16)』が行われる。(2月8日〜2月11日)
7月28日
総合競技場 大分銀行ドームにて 平成25年度全国高等学校総合体育大会2013未来をつなぐ北部九州総体吹きわたれ若人の風北部九州へ総合開会式を開催(24、000人)
7月29日
だいぎんテニスコートにて平成25年度全国高等学校総合体育大会ソフトテニス競技大会開催(7月29日〜8月4日)(40、000人)
7月30日
総合競技場 大分銀行ドームにて 平成25年度全国高等学校総合体育大会秩父宮賜杯第66回全国高等学校陸上競技対校選手権大会開催(7月30日〜8月3日)(112、500人)
2014年
(平成26年)
3月
総合競技場 大分銀行ドーム 芝生全面張替
2015年
(平成27年)
3月27日
総合競技場大分銀行ドームにてキリンチャレンジカップ2015『日本代表VSチュニジア代表』開催 (35、000人)
3月
ラグビーワールドカップ2019国内開催地の1つに大分が選定される
2017年
(平成29年)
3月
総合競技場 大分銀行ドーム アリーナ照明 LED化
サイトトップに戻る
ページトップに戻る