施設案内

大分銀行ドーム

スポーツ施設

芝生広場

高尾山自然公園

大分銀行ドーム

40,000人の歓声が生まれる国際級の多目的スタジアム。

サッカー、ラグビー、陸上などのスポーツ大会をはじめ、さまざまな文化イベントに対応。その他、大型映像装置・音響設備の利用によりイベントがさらに色づきます。スタンドなどフィールドを結ぶ仮設階段を利用することにより、フィールドの移動もスムースになります。

大分銀行ドームは、サッカー・ラグビー等にも利用可能な陸上競技場であり、大分スポーツ公園の中心施設です。また、2002年のワールドカップサッカー大会の九州唯一の会場となりました。スポーツだけでなくコンサート、集会など多目的利用ができるように工夫された施設で、外観は球体をモチーフにしています。球体の一部が大地と接した形態をしているため、遠くから見ると他の山なみと調和し、自然と一体となります。また、大分銀行ドームの大きな特徴である開閉屋根も、形状が球体の一部をなしているため、開いているときも、閉じているときも、シンプルで一体感のあるシルエットを形成します。

施設概要

規模
直径405mの球体の一部が地中から少し頭を出した状態。
屋根直径約274mで外周約800m
屋根
鉄骨造及びテフロン膜構造・可動屋根
建築
51,830m2
延床面積
92,882m2(地上3階、地下2階)
収容人員
40,000人(可動席を含む)
最高高さ
57,46m(地上面から可動屋根天端)
竣工
H13.3.15
フィールド
ピッチ(天然芝)107m×71
トラック
・陸上第一種公認全天候型トラック 400m/9レーン
・サッカー FIFA基準適合

天候に左右されない、開閉屋根


  • 開閉式屋根

  • オープン時

  • クローズ時

可動屋根は、高い透光性をもち、雨天の閉鎖時でも、フィールドには自然光がふりそそぐ設計になっています。
大分銀行ドームの可動屋根は世界最大級で、固定屋根の上を滑るようにスライドして開閉します。可動屋根には昼間閉じた時に内部が暗くならないよう、太陽光を通しやすい膜(PTFEコーティッドガラス繊維一重膜、透光率25%)を用いています。 骨組みは三角格子(トラス)の鉄骨を組み合わせて作られております。可動屋根の開閉は、可動屋根の端に取り付けられたワイヤロープを、アーチトラス部分に固定した滑車を介し、大分銀行ドーム地下に設けられたウィンチで巻き取ることにより行います。開動作及び閉動作に係る時間は各々約20分です。可動屋根を開けた場合の楕円の開口は、芝生への日照を最大限確保するためです。また、全体として軽快でリズミカルな構成とすることで、プレーにスピード感を与え、エキサイティングな空間を作りだしています。

みんな一緒に楽しめる最新の優しさあるスタジアム


  • 可動席

  • 多目的空間ホワイエ

  • 安心の配慮設計
サイトトップに戻る
ページトップに戻る